サントリーのPR誌「洋酒マメ天国」と文庫を買い取りました。

洋酒マメ天国 表紙

  • 洋酒マメ天国 背表紙
  • 洋酒マメ天国 全36冊
  • 文庫本 20冊ほど
買取品洋酒マメ天国(全36冊)と文庫本多数
ご依頼地域千葉県鎌ヶ谷市
買取方法出張買取

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフのコメント

草古堂のスタッフSです。
千葉県鎌ヶ谷市のお客様からのご依頼で出張買取にお伺いいたしました。

ご家族全員の不要な本をまとめてお売りいただきました。
小説の文庫本や、ビジネス新書、赤本など……いろんな本がございましたが、なかでもひときわ目を引いたのは「洋酒マメ天国」というサントリーが発行した小さなPR用の全集、全36巻セット!

いわゆる豆本という小さな装丁の本です。
ペットボトルと比べるとそのサイズ感が伝わるでしょうか。

豆本とペットボトルの比較

表紙はトリスおじさんのイラストレーターで知られる柳原良平さんが手がけています。
トリスおじさんは、数年前のハイボールブームのときに、CMやジョッキのデザインで見かけた人も多いのではないでしょうか。

可愛らしい見た目で、観賞用のミニチュア……と思いきや、
草野心平、伊丹十三、野坂昭如、植草甚一、開高健、永六輔、澁澤龍彦、山口瞳、柴田錬三郎、石津謙介、戸板康二……といった錚々たる顔ぶれの執筆陣なのです。
(とはいえ、やはり実際に読むには小さくて開きづらいので、ちょっと辛いものがありますが……)

PR用の洒落た本なのに、中身はぴっと芯の通った一冊になっている。
まるで、美しい琥珀色の見た目と強い度数が共存したウイスキー……それをショットグラスでいただいているような、そんな本ですね。


よろしければシェアお願いします

2019年9月に投稿した草古堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

出張買取対応エリア

埼玉・東京・千葉・神奈川を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP