こんばんは。

今日はジメジメした天気が続いているので、精をつけよう!!

ということで、「いきなりステーキ」というお店に行ってきました。

ランチということで、価格もリーズナブル♪本格的なステーキを

味わいました。

本の業界でも、「いきなり文庫化」という

初めに単行本を発売してから、少し時間を経て文庫に

するのではなく、いきなり文庫で発売するケースも増えてきました。

時代小説ブームの火付け役「佐伯泰英」は初めから

いきなり文庫化の戦略で見事にヒットしています。

当店などは、店の文庫のスペースが狭いため、作品数の多い作家は

他の棚に陳列しています。

単行本の値段は大体、1700円前後、文庫の価格はその半値以下です。

これほど、出版不況、本離れが進んでいる中、この価格は

再販制度のもとに頑として、守られています。

本の単価を落とすなどして単価を下げて、売り上げを伸ばすか、

出版業界の慣習も見直す時期にきてるかもしれません。

しかし、1冊の値段が1700円。映画の値段とほぼ一緒です。

少し高いのではないかと、ふと思ってしまいます。

図書館や、電子書籍など、さまざまな読み方が出来る時代なので、

このままだと、ますます本離れが進むことがないよう祈るばかりです。

昨日千葉市花見川区で、懐かしのコミックセットをお売り頂きました。

コミックなどの本だけでなく、CD、DVD、雑誌なども買い取り致しております。

また、お引越しなどのお急ぎの方で、今すぐ来てほしいなどの

ご要望も場合によっては、対応可能なので、是非お問い合わせ下さい!!