みなさん、こんばんは。

WBCも盛り上がってますね♪今日勝って、アメリカでの決勝トーナメント行きを

決めて欲しいですね。

今回はよく自分が夢想というか、よくぼんやり考えることをお伝えしたいと思います。

よく日本史の話題が新聞などで出る時、その時世界はこんな感じだった・・というテーマが

すごい好きなのです。

歴史は大まかに、よく古代、中世、近代、現代などに区別されますね。

古代だと日本は縄文、弥生時代ですが、その時、中国はもう文明国でしたし、

ヨーロッパだと古代ローマあたりかな??

よく卑弥呼の時代の文献で魏志倭人伝という書物が取り上げられますが、

魏というのは、あの三国志で有名な曹操が作った国ですね。

話はずっと飛びますが、よく織田信長が中世から近代への扉を

開いたなどと言われます。そもそも中世って、いつの事と考えますと、

鎌倉ぐらいから・・室町時代ですかね。

ヨーロッパの大航海時代が1400年~1600年くらいというので、

そこから産業革命へと続いていくと考えると、日本の近代への移行と

シンクロしているんじゃないかなどと、こういうことを、

頭の中で妄想しているわけです。

あと、世の中に出回っている物、貨幣、政治制度、楽器、などの古代世界の

さまざまなものの共通点を探るのも面白いんです。

ヨーロッパなどの現在の国の形は恐らく、1600年以降ですので、

それに比べて、日本や中国などの歴史は比べ物にならないくらい、

悠久としているのです。

特に中国は古代4000年前から、様々な民族が国を統治しましたが、

あの現在の形は全く変わっていないのは驚くべきことだと思うのです。

キリスト教、イスラム教なども飲み込むあの中華思想はいったい何なのか、

と、今日も一人徒然なるままに、妄想している次第でございます。

本日草古堂検見川店にて、文庫を買い取り致しました。

状態がよく、新しいので、高値で買取り致しました♪

文庫などの商品は、店頭でよく売れ、回転も良く、当店の稼ぎ頭なのです。

その分仕入れ、買い取りに文庫は重要なのです。

本、文庫などを売ろうとお考えの方、是非草古堂検見川店まで

お問い合わせくださいませ!!