弊店は古本屋ですから、ほとんどの本は 誰かの蔵書だった本です。

どれもみな新品同様の本でしたら 売るのも楽なのでしょうけれども なかなかそうはいきません。日に焼けたり、埃があったり、スリキズがあったりしますが、それでも お客様も古本である以上かなり納得されています。

 

そのなかで、一番嫌われるのは書き込みやラインがあることです。

まれに、「書き込みがある本は、読んだ人の温かみが感じられて良いね」と喜ばれる方もいらっしゃいますが、やはりいろいろなダメージの中で 一番嫌われるものではないでしょうか。

 

お持ちの方に対しては「いけません」とも言えませんし、ご自分の持ち物ですからどのようにされても良いのですが、買い取りの際は評価がかなり下がってしまうことは どうかご理解ください。