今日はクリスマスイブ。

サンタクロースが来る家には来る日です。

どうやら テレビやラジオの場では、サンタクロースがいることを疑ってはいけないことになっているようです。

サンタクロースの存在を疑うようなことを言う人がいると 何やら必死で周りがあわてたりして。

きっと、ディズニーランドのネズミも ゆるキャラの梨も ゴレンジャーたちも みんな人間が入ったりは

していないものなのでしょう。

子どもたちの夢を壊さないようにという 気遣いなのだろうと思うのですが・・・。

でも 子どもたちだって いつかは気が付きます。

大抵は友達が教えてくれるから。

しかし、その時に サンタクロースよりも もっと深い愛情をもって自分を愛してくれる人がいることに

気が付いてくれると良いなと思います。

朝、サンタクロースの贈り物を発見するとき 温かい家庭の愛情を感じられるならば、

きっと 生涯にわたって お父さんお母さんの気持ちは心の糧になることでしょう。

サンタクロースの正体がわかっても、その愛情を感じたいために サンタクロースゲームを

している子どもも 多いのではないかと思っています。

そうか。

テレビやラジオでサンタクロースは本当にいるんだよといっているのは、

サンタクロースが来ない家の子が 親の愛情に恵まれないと思って

悲しまないようにしたいということなのかと 気が付きました。

なにはともあれ メリークリスマス です。