スタッフSです。

今日は買い取ったものではなく、個人的に買った漫画の話です。

「バーナード嬢曰く。」
最近テレビアニメ化をした作品です。1話、3分くらいの極短いアニメです。
作者は施川ユウキ 個人的にはサナギさんの人、って印象。

内容は読書家あるあるって感じで……

主人公のバーナード嬢こと(ちなみに誰もそう呼ばない)町田さわ子は「読書家ぶりたいけど、本を読むのは面倒くさい」というちょっと見栄っ張りな女の子。

1巻の表紙にも使われた1コマ。

もう一人の主人公、神林しおりは「かなりのSFオタク」な女の子。

SFオタク神林。

基本的な話の構成はこの二人がいろんな本や作者について、語ったり語られたりつっこんだりするコメディです。

私はこの漫画に共感を覚えるところが多く、
私自身、古本屋で仕事をしていながらあまり本を読まないので、さわ子の知ったかぶりに共感……
神林のオタク特有の自分の好きなものをみんなに知らせたい! という説明っぷりに共感……

絵柄と題材が万人受けしないかな~とは思うのですが、ハマる人はとてつもなくハマる作品です。

……前に一度、実際に売ったことのあるサンリオSF文庫ってちょっと珍しいものだったのか……そうか……