こんにちは。草古堂店長の海内です。

明日から12月ですね♪私的には今年を振り返ると、色々ありました。

特に6月あたりから、交通事故で、後続車に追突されたり、

なんやかんやで、怖くて近くの検見川神社に厄払い(人生初!!)に行った程です。

仕事でも多々あり、色々な面で節目の年だったかもしれません。

新聞にて「藤沢周平と池波正太郎、あなたはどっち派?」という特集がありました。

正直私は司馬遼太郎しか読んでないので、なんとも言えないのですが、

御三方とも、故人にもかかわらず、書店での存在感は大きく、

売上げ、作品数など、現役の方を凌ぐ程だそうです。

山本周五郎などは、聞かれることがあるのですが、柴田錬三郎、山手樹一郎、などは

すっかり忘れ去られた感がして、淋しい感じもします。

それにしても名前の最後に「郎」が付く作家が多いですね!!

現役でも浅田次郎、古くは大佛次郎なんて方もいますね。

草古堂検見川店では、古書を幅広く扱っています。

「本を買ってくれる所どこがいいかな~」とお考えの方

是非草古堂検見川店までご連絡下さいませ♪

 

001