みなさん、こんにちは。

きょうは、引き続き本の分類をもう少し、細かく分けてみようかと思います。

買い取り依頼のお電話が、あった際当店では、必ずお客様に

「どのような本をお持ちですか?」とお聞きしています。

この際にお客様が説明して下さるのですが、なかなか苦慮なさる方が多いのです。

でもご安心ください。はっきりと説明できなくても、全然構いません。

こちらとしましては、まずはお持ちの本を直接見させて頂きたいのが、

本音でございます。もちろん、まだ処分したくない本があれば、

それを分けて頂いて、売りたい本だけ拝見します。

今回本の分類に関してはまた、次回にでもお話しします。

古本業界では、黒っぽい本、白っぽい本などの呼び方があります。

これはジャンルではなく、内容によって、より専門的な本を黒、

比較的軽い内容を白と呼んでいます。

当店では、昔からバランスよく、品を揃えておりますので、是非

お立ち寄り下さいませ。

専門的な本から、ポピュラーなものまで、本を売りたいとお考えの方

是非草古堂検見川店までご連絡下さい♪

見かけも中身も黒っぽい本入荷しました!!