みなさん、こんにちは。

お客様から、本を売りたいのだけど、どのような本が高いのか、訊ねられることが、

あります。正直に申しますと、最新刊で、人気が高いのが、高価買取りになりますが、

実を言うと、装丁が立派で、箱入り、定価が高いのが、良いというわけでは、ないのが

古本の面白いところであります。一例を申し上げますと、田中角栄の「日本列島改造論」

は、いまだに高値で取引されておりまが、本の装丁、状態などかなり良くなくても

人気があるのです。

土門拳の「東大寺」など立派な作りの本がありますが、「るみえちゃんはお父さんが死んだ」

という雑誌のようなもののほうが、はるかに高値ということもあるのです。

ヤケ、シミのある古書、雑誌などの買い取りは大歓迎です♪

店頭には鉄道雑誌を販売中でございます。是非お立ち寄り下さいませ。

雑誌、古書の買い取りは草古堂検見川店までお願い致します!!