こんにちは。

今日は12月並の気温ということですが、体調管理が大変な季節ですね。

最近「明治維新という過ち」という書籍が何かと話題になっています。

明治維新といえば、近代日本の幕開けに欠かせない出来事であり、

立派なこと、正しいことのように語られてきましたが、ある1部の過激的な

テロリストによる革命なのだということが、書いてあるみたいです。

たしかに今までの権力側(幕府)から見ればそうなのですが、、、。

私なども司馬遼太郎の小説の影響で、自然と長州、薩摩の志士たちを

英雄のように思っていました。

歴史というのは、総じて勝利側から、書かれることが多いので、勝利側の

方が英雄視されがちかもしれませんね。

私のまわりにも、幕府寄りの方で(東京生まれ)薩長のことを心よく

思ってないことを、仰られていました。

次回は世界の報道、欧米よりの報道みたいなことを書こうと

思います。

高価買取書

「法政大学出版」「せりか書房」「藤原書店」